特攻隊員 も一人の家族であるということにスポットを当てた題材ですね。
一時間という時間を考えればそれ以上でも以下でもないんじゃないでしょうか。  

特攻隊についてほかに捕捉したいことがあるなら学年で相談するなり社会科で「特攻が「統率の外道」という本来あってはならない作戦だったということを教えましょう」とヤミ金相談要請すればいいんじゃないでしょうか。  
そもそも誤解もあると思うんですが道徳教育と暴力の相関関係のデータとか生活態度が改善されたというデータを出していますが一時間でそこまでよ くなるわけがないです。
結局のところ普段の教科とかHRとか学級活動や学年での特別活動などの時間も含めた包括的な道徳教育の成果だと思った方がいいです ね。  
道徳教育は教科の授業から特別活動までの全ての教育活動の中で行われるべきであるというのが文科省の方針なわけですからね。ですから一時間の授 業をそれほど目くじらを立てるものでもないと思っていますし、逆に一時間の授業をことさらに過大評価する物ではないと思います。