生涯フルタイムの仕事を持ち、かつ結婚し、出産もしている。
日本のようにキャリアか出産かの二択ではない。

つまり女性の社会進出が本当に進んでいる国では、仕事と家庭の両立はして当たり前なので、すごいことでもなんでもない。 同様にパートナーの男性が育児を手伝うのも当たり前なので、それも特別なことではない。 男女ともに生涯フルタイムで働く前提なので、男でも女でもどちらか時間に余裕がある方、もしくは収入が少ない方がより多く家事を分担する。ただそれだけ。
日本では、マスコミと左翼と日教組先生が、 「女性が社会進出したから非婚化している」 と、念仏のように唱えているから、みなそれを信じているが、他の女性社会進出を果たした国では、女性が社会進出したから非婚化にはなっていない。
女性社会進出の過程で成婚率が低下しても一定のところで下げ止まる。仕事で忙しいから結婚しませんということにはならない。仕事はして当たり前だから。 だが、夫の経済力に依存する必要はないので、この男は違うと思ったら躊躇わずに離婚する。 なので離婚率やシングルマザー率は高い。