矛盾に気付かずに美名に騙されるのは日本人に潜在的共産主義思想が根付いているからだと考えられますが、その原因は教育とマスコミのせいでしょう。

『格差』という言葉が一人歩きして本来在るべき格差すら叩かれる世論を形成したのはマスコミのミスリードなのですが、ゆとりが社会進出したのも相まって効果有りすぎて困ったもんです。
選挙における投票する政治家の選択は選挙期間中よりもそれ以前の発言や動向を注視すべきなのに、マスコミによって選挙がお祭り化してしまった現在では政治に常に関心を持って積極的に情報を集めている人しか理由を持って投票していないと思えます。
政治をダメにしているのは一部の既得権を持つ政治家と大半の怠慢な国民のせいだと思えますね。
マスコミ報道に流される人たちは、自民にも民主にも維新の会にも実は投票していなくて、日本マスコミ党に票を入れている気がします。マスコミ党には立法権も行政権もないので、まぁヤジ将軍なだけで、実質的な権限は何もないのですが、マスコミこそが日本の最大野党という気はします。
しかもまったく政治責任をとらない野党です。