公人である政治家は、常に李下に冠を正さずの姿勢でないといけないわけですが・・・・、突っ込みどころが多数ある議員を使ったのは、

みんなの党に、まともに対抗したのでは歯が立たないから炎上商法で行こう、という意図があったとも取れます。塩村がまだ野次議員特定で息巻いていたので、地元広島県福山市での、備掃社 塩村一 の恐喝詐欺事件のネタが投下されましたね。
第一弾だったので小出しでしたが、備掃社ネタ投下の翌日の6/26から、急に野次事件記事が減りました。これでも塩村サイドが炎上工作を止めなければ、情報の詳細度を増した第二弾、第三弾が投下され、塩村当人はセクハラ聖域に守られて無事でも、暴力団関係者を公認候補にしたみんなの党執行部が責任と倫理を問われるので、党本体が潰れるでしょう。
本当につくづく小保方事件の再現ですね。「独身の自由さや気楽さを失いたくないから」がトップ回答って・・・別の記事ではパーセンテージも書いてあった。