公に出てくる、左翼政党の無責任な出産・育児支援もさりながら、最近のネット上は、暗に多産奨励・主婦賛美に誘導しようとする意見が多い。

少子化対策とは、若年人口が減少する社会でも、産業を高次化したり、教育・福祉のシステムを組み替えることで、少子化しても上手く回る社会にする対策になる。
つまり若年人口は量より質が求められる。浮気調査 富山それは他の先進国でも同じ事情。 それをわざと多産奨励に読み間違え、たくさん産まないと国が亡びるかのように言っているネット住人が増えている。
多産奨励したら、女性は出産と育児に拘束されるので、職場進出するどころではない。
単純労働力としてならともかく、高度技能の継続した蓄積を擁するホワイトカラーの管理職や技術職に女性が進出する機会が奪われてしまう、多産奨励によって 政府も、自治体も、自民党も、企業も、男性も、主婦になって多産になれとは言っていない。
ましてや未婚の母になれなどとは一言も言っていない。