当該事件の母親を免罪あるいは断罪するとか責任を緩和するとかいった目的を持ってこの記事を書いたわけではなく、

『連れ子に対する虐待が多いという風評・偏見』に対して統計的あるいは社会心理学的にどのような解釈が成り立つのかというところに主眼がありました。
心 情的・道徳的な事件や関係者についての感想を書くという目的を持って書いた記事であれば、、不倫調査 岡山そういった個別の加害者・被害者に対する感想を詳細かつ共感的に 書いていたと思いますが、時間の制約や主張したいことの趣旨もあり、一つの記事にあらゆる角度や要請を受け入れた内容を詰め込むことは無理という事情があ ることを了承下さい。
虐待をする親が悪いということは自明ですが、『虐待か虐待でないかの境界線上にある激怒・体罰・人格の非難』を全くしたことがないという親もまたいないでしょうね。
子 供のためを思って叱るという動機がきちんと機能していれば、『子供の生命・身体・人格形成の安全』を侵害するようなレベルの暴力・暴言にまではいかないは ずですが、親にも色々な性格・気質の親がいて、その時々の精神状態の安定度にもバラつきがありますから、『自分の不機嫌さ・ストレス・余裕のなさ』が影響 して・・・・・