一見すると「ストレス」というのは、「無くすべき」「除去しなければいけない」と断定しがちですが、本当は、我々人間はこうしたストレスを体験するからこそ、生活し続けることが可能になっています。
耳の中の構造は、大まかに「外耳(がいじ)」「中耳(ちゅうじ)」「内耳(ないじ)」の3か所に分かれていますが、中耳付近に黴菌やウィルスなどがうつり、炎症が誘発されたり、液体が溜まる病が中耳炎というわけです。
日本における結核対策は、1951年に制定された「結核予防法」に従って推奨されてきましたが、56年後の平成19年からは他の数ある感染症と一括りにして「感染症法」という名の法律に基づいて遂行される運びとなったのです。
スギの花粉が飛ぶ1月から4月の頃に、幼い子どもが平熱なのにクシャミを連発したりサラサラした水っぱなが止まる気配をみせない具合なら、『スギ(杉)花粉症』の恐れがあるでしょう。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、本来、身体をガンから護る作用をする物質を創造するための金型ともいえる遺伝子の異常で発病する病気だと考えられています。
コンサートやライブなどの場内や踊るためのクラブなどに設けられた大音量スピーカーのすぐ横で大音量を浴び続けて耳が聞こえづらくなることを「急性音響外傷」と言うことをご存知でしょうか?
近年患者数が増加している花粉症とは、森林のスギや檜などの大量に飛散する花粉が誘因となって、くしゃみ・目のかゆみ・頭重感・微熱・鼻づまり・鼻みずなどの色々なアレルギー症状を招く病気なのです。
インキンタムシ(陰金田虫)は20代〜30代の男性に症例が多く、基本的には股間部にのみ拡大し、激しく運動したり、お風呂上りのように身体が熱くなると強い掻痒感が訪れます。
臓器である前立腺はその生育や活動に雄性ホルモンがとても深く関連しており、前立腺に発生した癌も同じように、アンドロゲン、すなわち男性ホルモンの影響で肥大化してしまうのです。
ストレスが溜まる経緯や、便利で効果的な抗ストレス法など、ストレス関連の初歩的な知識を勉強している人は、さほど多くはありません。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もよくある中耳炎で比較的子どもに発症しやすい病気です。猛烈な耳痛や38度以上の高熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(耳垂れ)などの色々な症状がみられます。
内臓脂肪過多の肥満が診られて、脂質過多(ししつかた)、塩分の摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2つ以上に合致するような健康状態を、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と称しています。
暗い場所では光量が足りなくてものが見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、眼球のレンズのピントを合わせるのに多くの力が使用され、光の入る所でモノを眺めるより疲れるのが早くなるのです。
体脂肪量(somatic fat volume)には変動がなく、体重が食物の摂取や排尿などによって一時的に増減するようなケースでは、体重が増加したら体脂肪率は低下し、体重が減少すれば体脂肪率が高まることがわかっています。
アメリカやヨーロッパにおいては、新薬の特許が切れた約30日後、製薬市場のおよそ割がジェネリック医薬品(Generic drug、後発医薬品)に替わる医薬品もある位、ジェネリックは世界各国に親しまれています。