目と目を合わせることで、高齢者がセラピーキャットのことをすごく可愛いと思うと「絆のホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌されて、ストレスを軽減したり精神のヒーリングなどに結びついているのです。
チェルノブイリ原発の事故に関する後追い調査の結果では、体の大きな成人に比べて若い子供のほうが放出された放射能の害をより受容しやすいことが読み取れます。
HMSの研究によると、普通のコーヒーと比較して1日2杯よりも多くカフェインが90%以上除去されたコーヒーで代用すると、驚くことに直腸がんの発病リスクを半分以上も減少させることができたそうだ。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという特徴があるため大気中に存在するオゾン層でその一部が吸収されますが、地表まで達したUV-B波は皮膚の表皮の内側で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を壊すなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすと言われています。
音楽の公演の開催されるスペースやクラブハウスなどに設けられている大きなスピーカーのすぐ近くで爆音を浴びて難聴になってしまうことを「音響外傷(おんきょうがいしょう)」と言っています。
もしも血液検査で現在エストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なくて早期閉経だと分かった場合、足りていない分の女性ホルモンを補充してあげる処置で改善できます。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事内容の欧米化に加えて煙草を飲む事・アルコール類・脂肪過多などの生活習慣の質が低下したこと、ストレス等により、こと日本人に患者が多い病気だということができます。
AED(Automated External Defibrillator)とは医療資格を保持しない方でも扱える医療機器で、機器本体から発せられる音声ガイダンスに沿って使うことで、心臓の心室細動の処置の効き目をいかんなく発揮します。
結核対策は、長年、1951年に制定された「結核予防法」に拠ってなされてきましたが、半世紀が経過した2007年からは異なる感染症とまとめて「感染症予防法」という名前の法律に沿って遂行される運びとなったのです。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、様々なアミノ酸(Amino acid)をTCAサイクルと呼ばれるエネルギーの代謝のために欠かせない回路に入れるために一層クラッキングさせるのをサポートする作用もあると言われています。
老人や慢性病を持っている人などは、とりわけ肺炎を発症しやすくて治りにくいという特徴があるため、常日頃から予防する意識や早め早めの治療が肝要なのです。
今時の病院の手術室には、ラバトリーや専用の器械室、準備室を併設し、手術中に撮影するためのX線装置を設置するか、側にX線装置用の専門室を付属させるのが一般的だ。
食事の際は、次に食べたいと思った物を気軽に口に運んで数回咀嚼して飲み下して終わりだが、それから体は本当によく機能し食物を体に取り入れる努力をし続けているのだ。
抗酸菌の結核菌は、感染した人が咳き込むことで内気の中に飛び散り、空中でふわふわと浮いているところを別の誰かが空気と一緒に吸い込むことによってどんどん感染していきます。
吐血と喀血、2つとも口から血を吐くことですが、喀血の方は咽頭から肺を通る気道(きどう、呼吸器)からの出血であり、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)よりも上にある消化管から出血する病状を指しています。