ダイエット目的でカロリー摂取を抑制する、十分食事を食べない、等の暮らし方が栄養までもを不足させ、慢性的な酷い冷え性を齎していることは、多くの医療従事者が問題視されていることです。
吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことですが、喀血というのは喉から肺に達している気道(きどう、呼吸器の一つ)から血が出る症状で、吐血は十二指腸より上にある消化管から出血することを表します。
収縮期血圧が140を超える高血圧になると、血管に強いダメージが与えられ、頭の先から足の先までありとあらゆる血管に障害が起こって、合併症を招いてしまう割合が高まると言われています。
スギの木の花粉が飛散する春に、子どもが体温は平熱なのにクシャミや水っ洟が止んでくれない症状だったなら、杉花粉症の可能性が高いといえます。
悪性の腫瘍である卵巣ガンは、正常なら人体をがんから保護する役割を果たす物質を生み出すための型みたいな遺伝子の異常が引き金となり罹患してしまうというのは周知の事実です。
学校や幼稚園など大勢での団体生活の中、花粉症の症状が原因で友達と同様に外で楽しく運動ができないのは、子どもにとって辛い事でしょう。
チェルノブイリ原子力発電所の事故のその後の追跡調査のデータでは、大人に比べると子供のほうが広まった放射能の深刻なダメージをよく受けることが見て取れます。
真正細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最も患者数の多い中耳炎で比較的子どもに多くみられる病気です。激しい耳の痛みや熱、酷い鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏(じろう)など多岐に渡る症状が出ます。
気分障害の一種であるうつ病は脳の中の神経伝達物質のセロトニンが不足することにより、憂うつ、なかなか入眠できない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲の低下、体重の減少、焦り、顕著な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの危険な症状が心身に現れるのです。
ロックのライブの場内や踊るための広場などに備えられているとても大きなスピーカーの正面で爆音を浴びて耳が遠くなる症状を「急性音響性聴器障害」と言うのです。
鍼灸用のハリを気になる所に刺す、という直接的な無数の刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスという名のいわば電気信号の伝達を誘引すると考えられているようです。
基礎代謝(きそたいしゃ)というものは人間が何もせずに動かなくても使用してしまうエネルギーのことですが、その大部分を体中の骨格筋・一番大きな臓器である肝臓・大量の糖質を必要とする脳の3種類で消費すると考えられているようです。
アメリカやヨーロッパでは、新しく開発された薬の特許が満了した約1ヶ月後、市場の8割がジェネリック医薬品(後発医薬品)に取って代わる医薬品もある位、ジェネリック(後発医薬品)は世界中に採用されているという現実があります。
脳卒中のクモ膜下出血はその80%以上が脳動脈瘤と言われる脳の血管の不要な瘤(こぶ)が裂けてしまうことが理由となって発症してしまう脳の病気として認識されるようになりました。
アルコールを分解するという効果のあるナイアシンは、苦しい二日酔いによく効く成分です。辛い宿酔の因子と考えられているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド、acetaldehyde)という化学物質の分解にも力を発揮します。