アミノ酸のひとつであるグルタチオン(GSH)は、細胞の機能を悪くしたり変異を誘引する悪質な物質を体の中で無毒化し、肝臓の動作を促す動きが認められているのです。
急に発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大多数が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢を伴う程度ですが、バイ菌の感染による急性腸炎の場合はものすごい腹痛・長引く吐き気・繰り返す嘔吐・水下痢とともに38℃以上の高い発熱が特徴なのです。
今時の病院の手術室には、手洗い場や専用の器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、オペ中に撮影できるX線装置を備え付けるか、近辺にX線装置の専門室を併設しておくのが常識となっている。
薬、アルコール、合成発色剤を始めとした食品添加物などの物質を特殊な酵素で分解して無毒化する機能を解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たす代表的な職務の一つと言えるでしょう。
めまいが起こらず、苦痛を伴う耳鳴りと低音域の難聴を何度も発症する症例のことを区分けして「蝸牛(かぎゅう)型メニエル病」という名前で呼ぶ事例もあるとのことです。
肝臓をいつまでも健康に保ち続けるためには、肝臓の解毒する力が下がらないようにすること、別言すると、肝臓の老化を食い止める対策を実行することが効果的だと言われています。
高血圧の状態になってしまうと、体中の血管に重い負担となり、頭から足まで色々な場所の血管に障害が起こって、合併症を起こす可能性が拡大するのです。
開放骨折して大量に出血してしまった状況では、血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、吐き気、顔面蒼白、座っていても起こる意識喪失などの様々な脳貧血の症状が引き起こされるケースがあります。
ばい菌やウィルスなどの病気を連れてくる病原微生物が呼吸とともに肺の中へ入り込み発病してしまい、肺の内側が炎症反応を起こしていることを「肺炎」と称しているのです。
食中毒の原因にもなるブドウ球菌(英:staphylococcus)は紫色に染色されるグラム陽性球菌で、毒素の極めて強い黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と毒力が脆弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けられるのです。
「沈黙の臓器」とも呼ばれる肝臓に脂肪やコレステロールが蓄積した状態の脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や脳梗塞を筆頭に非常に多くの疾病を招くかもしれません。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、1週間も処方薬を飲めば、一般的に9割前後の患者さんの自覚症状は無くなりますが、食道の粘膜の発赤や炎症が根治したとは断定できないのです。
ご高齢の方や慢性的な持病を患っている方は、ことさら肺炎に罹患しやすく治るのが遅い特徴があるので、予防の徹底や早め早めの手当が必要です。
今、若い世代で咳が続く結核(けっかく)に対抗できる免疫力、すなわち抵抗力の無い人たちの割合が高くなっていることや、早合点のせいで診断が遅れることによるアウトブレイクや院内感染が増えていると言われています。
健康を推進する世界保健機関は、人体に有害なUV-A波の浴び過ぎが皮膚病を招く可能性が高いとして、19歳未満の若い人が肌を黒くする日焼けサロンを使用する行為の禁止を主に先進国に推奨しています。