脳内の5-HT神経は、自律神経を調節したり痛みの制御、様々な分泌物質の覚醒などをコントロールしており、鬱病の人はその作用が落ちていることが分かっているのだ。
予防接種の不活化ポリオワクチンは、代わり、平成24年9月以降は原則無料で接種できる定期接種として導入されるので、集団接種ではなく小児科などの医療機関で個々に受ける個別接種という形になりましたのでご注意ください。
陰金田虫は20〜30代の男性多く確認され、大抵の場合は股間部にのみ拡大し、走ったり、お風呂上りのように身体が熱くなった時に強烈な掻痒感を招きます。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする作用があるナイアシンは、不快な宿酔に極めて効果的です。宿酔の因子と考えられているアセトアルデヒド(acetaldehyde)という化学物質の分解にも関係しています。
常在細菌のひとつであるブドウ球菌(ブドウキュウキン、staphylococcus)はグラム陽性球菌であり、大別すると毒力の極めて強烈な黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん)と毒が微弱なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つが挙げられます。
脂溶性のビタミンDは、カルシウムが人体に吸収されるのをサポートする作用で有名で、血液中の濃度をコントロールして筋繊維の機能を操作したり、骨を作り出してくれます。
ジェネリック医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に売られ、新薬と同一の成分で負担分を抑制できる(薬の金額の高価ではない)後発医薬品のことで、最近知られるようになりました。
UV-Bは、UV-Aよりも波長が短いという性質があるため大気中のオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されますが、地表まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸を壊してしまうなど、皮膚にとって悪い影響をもたらすと言われています。
不整脈である期外収縮(きがいしゅうしゅく)の場合、健康体にも現れることがあるので難しいトラブルとは限らないのですが、発作が幾度も続けて発生するケースは楽観視できません。
一旦歯の表面を保護している骨を浸食するまでに時間の経ってしまった歯周病は、あわよくば病状自体が治まったとしても、無くなった骨が元通りに戻るようなことは無いということを頭に入れておいてください。
スギの木の花粉が飛ぶ春に、幼い子どもが体温は平熱なのに頻繁にクシャミしたり水っぱなが止む気配をみせない状況なら、残念ながら杉花粉症の可能性が高いかもしれません。
脳卒中のクモ膜下出血は80%以上が「脳動脈瘤」と呼ばれる脳内の血管の不要なこぶが裂けてしまうことにより罹患する病だということを多くの人が知っています。
高血圧の状態が継続すると、体中の血管に重い負担がのしかかり、頭から足まであちこちの血管に障害が巻き起こって、合併症を発症するパーセンテージが拡大します。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、1週間くらい服薬すれば、原則、8割〜9割の患者さんの自覚症状は消えてなくなりますが、かといって食道の粘膜の炎症反応が完治したことを意味しないので留意してください。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために働く酵素や、細胞もしくは組織の生まれ変わりに必要な酵素など、200種類以上もの酵素の構築成分として非常に重要なミネラルだといわれています。