僕が軍国主義やパワーゲームを嫌うのは、それが新たな価値や生産を生み出す余地がなく、生産基盤である土地や海洋を逆に破壊するからです。 武器で叩くのであれば、開墾でもして生産力を上げ、テロの原動力となる貧困と無知を緩和するほうがより合理的な選択となるはずです。 哲人政治のような理想的な政治が実現することは無理であっても、人間は生活上の不安や治安上の恐怖から解放されれば、極端な排外主義や残酷趣味に落ちることはないと僕は思います。

自由主義と民主主義を擁護する為に、限られた闇金相談 秋田資源を有効活用し、生産力と付加価値を増大させる方向に国の政策を向けなければならないというのが僕の政治に関する基本原則としてあります。

ミサイル一発打つ金があるなら、北朝鮮は飢餓で苦しむ人民に何年分からの最低限の食糧を保障すべきであり、イージス艦とパトリオットと人工衛星で ミサイル防衛する金があるなら、日本で貧困や病苦に喘ぐ人や自殺や犯罪の予備軍となっている人に救いの手を差し伸べるべきでしょう。