日本ではじめて登場した鉄道の駅は、新橋と横浜(桜木町)である。
いずれも、東京と横浜の中心ではないところに設置されている。  

大正期になって、東京駅が大手町に作られ、横浜駅はやや北側に移動した。いずれも煉瓦づくりの立派な駅舎であり、町のシンボル的存在に変わっ た。移動した横浜駅(二代目)の場所は、町の中心部からさらに遠ざかるかたちではあったものの、これは東海道線の延伸に対して現在の桜木町では不便だった からである。関東大震災で二代目の駅舎が倒壊したのち、駅の位置はさらに北に寄って、いまの場所になったのも、沿線との接続など、さらなる利便性を考慮し てのことだった。  
昭和初期から駅前はすでに商業地として価値を高めていく。郊外に鉄道を広げ、沿線に住宅地を建設するビジネスモデルは、都市部の駅ターミナル化 と連動した。複数の鉄道、市内電車を接続させ、そこに百貨店を作って集客を狙ったのである。渋谷の発展はまさにそういう理由からであり、鉄道系のデパート が渋谷・新宿・池袋などにあるのも同じ経緯による。