先週、埼玉の友人からメールがあった。
「22~24日に出張で名古屋に行くから、いっしょに飲みましょう。」

予定を見たら、すでに予定がぎっしりだったが、今日(22日)なら、会合のあとの懇親会をご無礼して、会うことができる。
その旨、メールをして今日になった。

会合の主催者に頭を下げて名古屋に駆けつけた。
昼の弁当まで出していただいたのに、忍びないが、仕方がない。

彼には二年ぶりに会うが相変わらず忙しそうだ。
さて、鳥料理を食べたいというので、泊まっているホテルから近い、とら屋に決めた。
さて、まずは、生ビールを頼んで、メニューを選ぶ。

プハーって、この一杯がたまらんね。
で、頼んだのは
1.鶏のもも焼き
2.味噌串カツ
3.手羽先唐揚げ
4.名古屋コーチンお造り盛り合わせ

5.揚げだし豆腐
6.エイひれ
7.トマトスライス
8.おにぎりと赤だし

飲み物は、
1.生ビール
2.焼き芋 黒瀬(お湯割り)三杯
3.知多の地酒 熱燗

これが、味噌串カツ
八丁みそのタレを絡めたカツは以外にもあっさりとした味わい。
最後のしめは、熱燗を頂きながら、おにぎり。
赤だし味噌汁がまた米の味を引き立てる。
話も盛り上がったが、彼は前日2時間しか寝ていないというので、そろそろお開きとなったが、それでも三時間近く楽しんだ。
狭山茶のお土産を頂いたので、後日、寿がきやラーメンとをぐら屋の昆布を送ることにした。
話の内容は、江戸時代の江戸へ向う廻船のことから、古代の堺のことまで、嘘八百で固めました。

トップの写真は会合で出た昼食弁当。